無料タロット占い | 引っ越し先の物件選びに迷っています

スポンサーリンク

今回は「引っ越し先の物件に迷っています」とのご相談です。星庵が大アルカナ22枚と小アルカナ56枚、全78枚のタロットを使って二者択一スプレッドを無料で本格的に占い鑑定します。二者択一スプレッドでどちらの物件を選ぶとよいか? その理由も示されます。

引っ越し先の物件選びに迷っています

星庵さんへ
初めまして。
25歳、会社員、女子です。
年内に引っ越しすることになったのですが、物件選びに悩んでいます。
ワンルームですが駅に近くお買い物なども便利な物件と、駅から徒歩15分ほどで二部屋、その部屋は日当たりも良く、公園にも近いため環境的にもいいかなと思うのですが、やっぱりワンルームに比べて不便かなと。
毎日の通勤や日常生活のことを考えると家賃は高いがワンルーム物件にした方がいいのか、自転車があるので部屋が広く周囲の環境のいい部屋の物件にする方がいいのかホントに迷っています。
占ってもらえますか?
お願いします。

シズさんより

駅に近い物件をおすすめします

シズさん、こんにちは。
物件選びは大変ですね。家賃は毎月の固定費で、収入に対しても大きな割合を占めます。女性であれば治安も特に大切ですし、入居して問題が起こったからすぐに引っ越すということも難しいので迷われて当然です。最後に私の友人の不動産業をされている人からのアドバイスも記しておきますので、よければ参考にしてくださいね。それではさっそく、二者択一スプレッドで占ってみましょう。

二者択一スプレッド

駅に近いワンルーム物件をA、環境のよい部屋をBとします。

A象徴カード
ワンド・エース(正位置)
シズさんは実家住まいだったのでしょうか? 自立や自活には今がちょうど良い時期であることがあらわされています。またお仕事は多忙なようですね。

Aを(駅に近いワンルーム物件)を選んだ場合の1.2.3.4
審判(正位置)
転居に良い時期。仕事に集中できる環境を手に入れ、シズさんの理想に近づくことができるでしょう。赤字の解消の意味もありますから、家賃はそんなに気にしなくてよいかと思います。

節制(正位置)
このカードも安定した場所を見つけ、仕事に集中できる意味はあります。家賃の問題ですが、シズさんはきちんと収支のバランスを取ることができますし、他の出費を控え倹約できる方です。荷物も思ったより増えないでしょう。コツコツと貯金もできそうです。

ペンタクル2(正位置)
うまくバランスが取りながら目的への前進することをあらわすカードです。今は結婚を考えていらっっしゃらないのではないですか? それなら部屋の間取りにはこだわらなくてもよいと思います。

ワンド8(逆位置)
人物が描かれていないカードであることから、人知の及ばない運勢が影響していることをあらわしています。物事が素早く動く時に出るカードで、考えられることとして、他の人もこのワンルーム物件を狙っていて先に契約されるかもしれません。

B象徴カード
星(正位置)
生活環境の良さから仕事でのストレスも軽減できそうです。何か一人でする趣味が見つかるかもしれません。

Bを(環境の良い部屋の物件)を選んだ場合の1.2.3.4

ペンタクル3(逆位置)
建築物に関したことと読めるのですが、こちらの築年数はどうでしょう? 賃貸でしたら故障個所などは大家さん持ちだと思うのですが、内見の時によく部屋をチェックしてください。

ソード5(逆位置)
欺くという意味のあるカードです。不動産屋さんの部屋の説明や契約事項など、偽りとまではいかなくても注意する必要でしょう。事故物件を聞かなければ説明しないという話もあるので、そのあたりもチェックしてくださいね。あまりご近所さんには恵まれないかもしれません。

ワンド10(正位置)
自転車があるとはいえ、やはり毎日の通勤が負担になってくるでしょう。特に季節によっては体に堪えそうです。とはいえ、健康にも良いですし、負担があるといってもシズさんは耐えることができるでしょう。

ソード2(正位置)
こちらの部屋の物件に引っ越しされたとしても、休日に外で活動することは少なさそうですね。部屋でまったりと穏やかな状態で過ごすことになりそうです。

ではシャッフルをし直して、最終結果を求めます。

最終結果・・・節制(正位置)ワンド8(正位置)

Aの駅に近いワンルームの物件を選ぶ方がよいとタロットからのアドバイスです。

リーディングをまとめると

どちらの物件も良さそうですが、最終結果とカード展開からAの駅に近いワンルームの物件をおすすめします。

今は自立・自活に踏み出すには良い時期ですから、引っ越しに関しては問題ありません。シズさんのお仕事も多忙なご様子ですから、できるだけ無駄な時間を省き、お仕事に集中されて目標に向かう方がよいかと思います。

節制のカードが出ていることから、家賃のことはシズさんなら上手にやりくりできるでしょうし、生活していると物が増えていくものですが、そのあたりも心配ないでしょう。シズさんは、節約やシンプルライフが自然とできる方なのだと思います。

ただ気にかかるのは、この物件は他の人も狙っている可能性が高いことでしょうか。もしシズさんが気に入れば、早めに契約した方がよいかもしれません。

一方、Bの環境のよい部屋の物件は自転車があるとはいえ、毎日の通勤やお買い物などの日常生活などは、シズさんがいま考えているよりも大変だと思いますよ。またもし自転車が盗難にあってしまったら? など想定外の状況も考えておかなければいけないでしょう。
こちらの物件に関しては、内見も含め、十分すぎるほどチェックしてください。

最後になりますが、物件を選ぶときのポイントを簡単にまとめておきます。

◆希望として最低限
・予算
・好みの(住みたい)駅
・駅徒歩○分
・面積・間取り
・方角(日照)
狙いを絞って、あとは現地確認することが非常に大切。現地見たら、「自分は何を重視したいか?」ご自身の優先順位が分かってくるそうです。
理想通り満点の部屋はないに等しいので、バランスを見るのが必要です。

◆現地確認のポイント
・周辺環境
(町の雰囲気、駅の行き帰り、夜道は暗い? どんな人通り?)
・管理状態
(廊下・ゴミ置場・ポスト等、共有スペースがきれいか?)

住まいは室内だけでなく、暮らしという意味で建物の周辺環境も含めて大切です。

また、共有スペース=住民の暮らしぶりも要チェック事項です。古くても良く掃除され、植込みが刈込まれ、きれいに管理されている所と、新しくてオートロックでのピカピカ物件でもチラシがバーッとポスト下に散らばっている所と、どちらが住みたいですか? みたいなことだそうです。

◆内見ポイント
・コンセント数・位置
・天井高
・水回り/水の出
・張り/欠け
・照明有無
・エアコン
・雨戸有無
・匂い(住み始めれば変わるレベルか、住んでもダメそうか?)
・騒音(自分はどの程度まで許容できるか?込みで)
・ベランダや窓から見える景色

以上のような、図面では分からない所をチェックすることも非常に大切です。

ですが、部屋へ入ってみて「ピンと来るか否か?」というフィーリングが一番大切だとのこと。
少なくとも今後数年間は毎日帰って眠る所なので、ドア開けて入ってみて「ここ、何となくいいな…」みたいな空気感が案外重要なのだそうです。

以上、知り合いの不動産業の方からお聞きしたことを簡単にまとめました。少しでもシズさんの物件選びの参考になれば幸いです。

タロットからのアドバイスが参考になれば幸いです。
また何かあればご連絡くださいね。
シズさんのお幸せを心からお祈りしています。

星庵

スポンサーリンク