ペンタクル7 | 小アルカナ | タロットカード78枚の詳しい意味解釈

スポンサーリンク

ペンタクル7がタロット占いで出た78枚のカードの意味一覧・解釈例ほか、ワンオラクルでも使えるペンタクル7が出た場合のメッセージ、絵の解説、物語など、ペンタクル7のタロットの意味を詳しくわかりやすく解説。ペンタクル7のタロット解釈の幅を広がります。

ペンタクル7 Seven of pentacles

当WEBサイトのタロットカードは「ライダー・ウェイト版」を使用し解説しています。

ペンタクル7 | 正位置 タロットの意味

ペンタクル7

恋愛・結婚

岐路に立つ。熟考すべきとき。理想の相手をずっと探す。理想が高い。外見で判断する。性格や本質が見えない。相手を否定する。努力をしない。関係発展に興味を失う。交際や結婚に興味がない。結婚できない。

ペンタクル7

人間関係

仲間に過剰な期待をする。リラックスできる関係。

ペンタクル7

仕事運

様々な方法を検討。途中であきらめる。成果が出る。進歩を実感。成果を放棄する。大きな見返りばかり求める。堅実さが皆無。結果に満足しない。目的と手段のズレ。頑張りを評価されない。方向転換が必要。

ペンタクル7

金運

報酬を受け取る。まずまずの成果 。

ペンタクル7

一般的な意味

夢に執着して無駄な時間を過ごす。再チャレンジをしない。過去を見直す必要がある。満たされる可能性の低い願望に捕らわれている。方向性を見失う。応用力がない。ポジティブさがない。

ペンタクル7 関連記事

タロットのペンタクル7の恋愛と相手の気持ちについて正位置・逆位置で出た場合の意味とメッセージ、対応策、未来へのアドバイス…タロット占いでペンタクル7が表す恋愛の状態、相手の気持ちについて出た時にクローズアップしています。恋愛占いでペンタクル7が意味する相手の気持ちや対応策、未来をみていきましょう。ぜひあなたの恋愛に活かしてくださいね。

ペンタクル7 | 正位置 解釈例

ペンタクル7 正位置の解釈例 1

手を止めて、考えてみましょう。 自分がやってきたことは、着実な成果をあげているだろうか? このまま続けていって、これ以上に何が得られるだろうか? これまでやってきたことに、どんな意味があったのだろうか? ここから生まれる結果は、自分が望んでいるものだろうか? 自分の進むべき道はぶれていないか、 他にもっとよい道はないのか? わからなくなったら、確認すべきです。 どんなに素晴らしいものであっても、 自分が満足できなければ、つまらないから。

ペンタクル7 正位置の解釈例 2

見直しの時期を迎えているようですね。これまで取り組んできたことを振り返って、何らかの改善をしていくことが必要なときにあるようです。これまでに、ある程度の成果を出せる力を養ってきたからこそ、ここで立ち止まって、今後の方針を再検討することが大事。自分でも、このまま続けていれば良いとは、感じていないのではないでしょうか。不満があるところ、不十分なところは、それで自分を満足させようとしないこと。妥協せずに、向上を目指す意識を持ち、必要な力を磨いていく努力をすることが、今後の展開の鍵となっていくでしょう。

ペンタクル7 正位置 タロットイメージ

努力の方向性が違います。目的と手段がずれています。何を望んでいたのか原点に立ち返り、それに沿った努力をすべきです。

まず自分の方向性をきちんと決めるべきです。そしてその方向性は過去のあなたの中に隠されています。

何となくがんばっている、はダメです。自分の進む方向が分かってはじめて努力が実ります。
どんなにがんばっても、評価されない限り努力したとは言えません。

実になっていないのなら、別の方策を考えなければなりません。

努力が誰かの目にとまり、その人を動かさない限り努力は実りません。それはチャンスに恵まれなかったのではなく、目にとまるような秀でたことをしていないからです。

今の努力では実になりません。

違った方向から攻めましょう。しかし自分が満足する方向で攻めることが大切であり、もしかしたら対象とするもの(人)が違うのかもしれません。

ペンタクル7 逆位置 タロットの意味

ペンタクル7

恋愛・結婚

もどかしい進展。投げやり。執着する。ダメ元の告白が上手くいく。告白を断ってしまう。価値基準が狭い。妥協しての交際。損得勘定のせいで破局、離婚。不満から破局までが早い。

ペンタクル7

人間関係

相手の気持ちを無駄にする。

ペンタクル7

仕事運

進展が遅い。報酬に不満。タイミングを失する。仲間のサポートを拒絶する。場当たり的な計画。損得勘定が前に出過ぎている。せっかくの成果の価値が判断できない。成果を次につなげられない。中途半端。計画が狂う 

ペンタクル7

金運

目先の利益。投資に失敗

ペンタクル7

一般的な意味

気持ちの切り替え。自分の努力も否定する。等身大の自分に気付かない。経験を活かす。方向性が見えてくる。ポジティブになれば成功へ至る。物の価値や世間の基準が理解できない。

ペンタクル7 | 逆位置 解釈例

ペンタクル7 逆位置の解釈例 1

一生懸命やってきたのに、なんだか虚しい。 思うような成果が出なくて、うんざりです。 こんなに働いているのに、これだけ? こんなに頑張ってるのに、どうして? 不満や愚痴を並べるだけではなく、 改善のための評価を試みましょう。 何に満足できないのか、どこがどういけないのか。 ときには立ち止まって軌道修正することが必要です。

ペンタクル7 逆位置 イメージ

あなたはぶどうの木を懸命に育てましたが、それは満足のいく収穫にはなりませんでした。でも、努力をしたのですからこの木を燃やしてしまうのももったいないような気がします。あなたは迷った末、このまま放っておくことにしました。

いつしかあなたが忘れかけた頃、それは大きな収穫になるでしょう。ちょうど、年が経過したワインが価値を生むように。実になるためにはこのまま少し寝かせておくことがよさそうです。

「せっかく作ったんだから、いつかなんかの役には立つだろう。このまま少し放っておこう」

ペンタクル7|タロットカードの基本意味

結果への不満

取らぬ狸の皮算用

価値判断ができない

損得勘定

成果を無駄にする

ペンタクル7|オラクルメッセージ

一枚引きオラクルなどでペンタクル7が出た場合はこちらを参考にしてください。

ペンタクル7|正位置

ペンタクル7 正位置 キーフレーズ

成果の査定。報酬。仕事を一休み。成長の途中。進歩を実感。金銭的報酬。熟考すべき時。様々な方法を考える

ペンタクル7|逆位置 

ペンタクル7 逆位置 キーフレーズ

もどかしい。対価に不満。じれったい。計算違い

努力が実になっていないと思っています。そしてそれは事実です。努力が実になるためには時間が必要です。
実にならない努力はありません。今は無駄だと思えても、違う道を進んだ時にそれは大きな実りとして返ってきます。
放っておくと、いつの間にかお宝になっています

ペンタクル7| 絵柄の説明

農夫が農具に持たれながら、畑に成った作物を眺めている絵柄が描かれています。作物が実っているのにもかかわらず、農夫の表情があまり冴えていないのは、期待ほどの収入にはつながらないであろうとする見積もりの低さからくるものと言えます。目の前にある成果に満足していない、かと言って大きな努力を怠ったのに期待だけ大きかった状態を示しています。努力の方向性や目の前の価値への気付きを暗示しています。

あなたはぶどうの木を集めてそれを眺めています。集められたぶどうの木にはみごとに金貨が実っています。しかしあなたは何かもの悲しげな顔をしています。

「一生懸命がんばってきたけど、僕の求めている成果はこれじゃないんだ」

あなたは今まで一生懸命努力をして来ました。そしてみごとに金貨が実りました。しかしあなたは満足していません。なぜなら、お金を得て世の中に還元することは、既に経験してきたからです。あなたはそれに限界を感じたためにこの農場を耕していました。しかし、この木には真の実りであるぶどうは実っていません。

このぶどうの木は売れ残って山積みになってしまったようですが、なぜ売れ残ってしまったのでしょう。あなたは努力はしたものの、本当に売り切れるようなものを作りきれていなかったのです。

ペンタクル7 | タロットの意味をもっと詳しく知ろう

ペンタクル7は、今まであなたが行った努力についてその価値をチェックすべき時を示唆しています。

あなたは仕事でコツコツと努力してきたかもしれません。それらは報われ着実に実を結んでいるでしょうか。払った労力への対価受け取りましたか?
もしかすると満足する成果を上げて自信もついてきているかもしれません。

ここらで一旦手を止め、今までの労働の価値や方向性を確認してみましょう。
仕事に没頭するあまり当初の目標がぶれてしまってはいませんか? きちんと計画通り進んでいるとしたらどの程度進歩したでしょうか?具体的なチェックを行うべきときが来ています。

あるいは今の仕事に悩みを抱えているかもしれません。
その場合一歩下がってあなたの思いをあらためて確認してみましょう。
もしかすると別の方向へ進む戦略を立てるべき岐路に立っているのかもしれません。

培ってきたやり方や実績、成果を後に方向転換することは非常に勇気が必要ですが、あなたの新たな可能性を探すべき時期に来ているのかもしれません。

また、単に休息を表している可能性もあります。
その場合、今のあなたは一息ついてエネルギーを蓄えるべき時です。
そして活動に戻る準備ができたならば、現在の仕事を最後までやり抜きましょう。

小アルカナ ペンタクル一覧

ペンタクルエースの詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル2の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル3の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル4の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル5の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル6の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル7の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル8の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル9の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクル10の詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクルペイジの詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクルナイトの詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクルクイーンの詳しい意味解釈・徹底解説
ペンタクルキングの詳しい意味解釈・徹底解説

大アルカナ一覧はこちら

三行でわかる! タロットカード全78枚の意味・エッセンスが簡単にわかる一覧表はこちら

タロット占いで出た全78枚のカードの意味一覧。大アルカナ小アルカナをあわせたタロット全78枚の意味が三行でわかるタロットの意味早見表。簡単にタロット全78枚の意味とメーッセージ、状況がわかります。各タロットカードについてもっと詳しく知りたい場合は…

こちらの記事も一緒に読まれています

挫折しない! タロット占いを独学で習得したい人におすすめの勉強方法 タロット入門1~

タロット占いを挫折せず独学で習得したい人におすすめの勉強方法を紹介。スムーズに最短でタロットを習得できるように挫折しやすいポイントを押さえながら、タロットを独学で習得するための勉強方法を順序を追ってわかりやすく説明していきます。

タロット占いを独学で勉強したい方のためのレベル別おすすめタロット本1~

独学でタロット占いを勉強したいけど、どの本がいいのか分からない…そんな初心者さんのためにレベル別におすすめタロット占いの本を詳しくご紹介します。初心者さんがタロット占いを独学で習得する時に、最初に手に取るタロットカードと本はとても大切です…

星庵

スポンサーリンク